2016年12月13日

安保先生は素敵な方でした。

101.JPG92.JPG
 8周年の記念講演、安保先生のご報告の続編です。ひらめき

 時折出る、先生のジョークに癒されながら、従来の西洋医学では聞く事のない話が、どんなふうに人に受け入れられるのだろうと思いながら聞いていました。だけど、スタッフの皆も真剣に聞き入って、足を運んでくださった方の中には

 ひらめき「手術しなくても良かったかな…これからの為に…」と本を購入している方もいました。

そして、講演終了後、怒涛のように本が売れていてビックリ。がく〜(落胆した顔)

 出席下さったかわいいケアマネさんの中には

 「とても良かった。施設での研修の中に組み入れようかな」とおっしゃって下さる方もいらっしゃいました。この身体に優しい病気の治し方をどう伝えていくのかが、これからの私たちの課題だと思いました。取りあえず、藤NSの大事な家族にまずは高脂血症の薬をやめるよう伝えました。

ATPが減少して筋肉量を低下させ、寝たきりを作る原因だそうです。)


83.JPG149.JPG&藤るんるん坪なーす揺れるハート
             

                 この記事を作成後に先生の訃報を聞きました。安保先生のご冥福をお祈り申し上げます。
posted by りゅうじん訪問看護ステーション京都 at 16:32| Comment(0) | 日記